Category Archives: NRC

City Run Rampant Over Country

Wests Ski=Fleet Stadium
City v Country at Wests Sci-Fleet Stadium, Photo courtesy of GTR.

The morning rain did not dampen the spirits of Brisbane’s rugby faithful, with a healthy 3,000+ braving the cool spring conditions for the latest instalment of the Quade Cooper/Karmichael Hunt double act. Wests’ impressive Sci-Fleet Stadium hosted the  Round 5 Brisbane City/Queensland Country clash for the Andy Purcell Cup, once again attracting rain and a healthy blend of rugby diehards and novices. Not all were there for Cooper’s kick off to highly-fancied, reigning Premiers, Bond University Queensland Country. As rugby people tend to do, rocking up in the first 10 minutes is normal, so by the time Hamish Stewart crossed the chalk to open the account for Country in the 18th minute, a boisterous crowd split roughly 50/50 were assembled. The beers and cheers were still flowing two minutes later when the Cooper/Hunt show produced their first act to set up their captain, Adam Korczyk for a try. Cooper missed the conversion leaving the score 7-5 to Country, setting up the afternoon for a see-sawing affair.

Brisbane City got the jump on their more fancied rivals to go to the break up 22-12, however, it wasn’t long into the 2nd half before Tom Lucas crossed for Queensland Country to narrow the margin. By the 52nd minute, it was 29-24 to City after Country’s halfback, Tate McDermott received a Hamish Stewart purler to cross the chalk, keeping Country in touch, however, Cooper had his kicking boots on and opted for a long-range penalty to extend their lead. Replacement hooker Sean Farrell sealed City’s fourth Andy Purcell Cup in five outings going over after a maul and with Cooper’s conversion saw Brisbane City win 39-24 over last year’s premiers, Queensland Country.

Match highlights

The match can be best summed up by the words of City coach Mick Heenan,

“Country is such a good side and we’ve got a lot of respect for how they’ve been playing and their players as well, so certainly that’s the best we’ve played and defended all season.

“The spirit and the fight that we showed was outstanding. We needed to win to keep our season alive and we’ve got to keep winning and we can’t take anything for granted, so we have to keep at it, keep persisting and keep fighting,” Heenan added.

Advertisements

クアード・クーパーはどこにも行かない

Quade_Cooper_2014
クアード・クーパー

その日、ウローウィンのシャウ通りには四千人を超える人々が集まった。クィーンズランドラグビーユニオンと豪ラグビーユニオンの双方から十分に報酬を得ながらもブリスベンのプレミアコンペティションの地元ラグビーパークに隠れていた魔術師を見るためだ。今冬季はチプシーウッドのレギュラーメンバーとして数えきれない人に真のエンターテイメントを提供してきている人物だ。筆者は彼のその実力をタダで(ビール代はかかるが)見ていることに罪悪感すら覚えるほどだ。

多くの人がトップレベルでプレーする彼を待っている。彼はレベルが高いところに行く程に良いプレーをすることはすでに先週の日曜に証明されているのだ。ブリスベン市の五つのトライのうち(一つは彼自身で)四つはクーパーのオフロードからだった。62分でのチームメイトのジェイデン・ガマヌには特に。ブリスベン市は47対29でティム・サムソン率いるウエスタンフォースに惜しくも負けてしまったが、レッズの選手であふれている彼らもコンビネーションを調節すれば勝利するだろう。

JP on the charge

今週にかけてクアード・クーパーの今後には多くの憶測があった。例えばティム・ホーランの話ではサンウォルブスがクーパーの獲得に前向きであり、さらには豪ラグビーユニオンがクィーンズランドラグビーユニオンとレベルズとクーパーのマネージャのコーダー・ナッサーとの間での話の詳細も公表した。

月曜の朝、ナッサーは私に言った。彼はニュージーランドから始まり、世界中のどこからのオファーも視野に入れていたと。さらにナッサーは豪ラグビーユニオンと財産灘のクィーンズランドラグビーユニオンが選手開発の費用捻出のために最低でも80万ドルオフを希望していたとも語ってくれた。しかしクアードは揺るがない。むしろ大観客を率いれて来シーズンもチプシーウッドで走り回ることに満足している。それは長い目で見れば決してお金の無駄遣いではない。

これからの数週間の間にクーパーがどんな決断をしたとしても彼は支えられるべきであり、この気まぐれな天才は彼のプレイする場所ならどこへでも観衆を連れてくるだろう、シャウ通りから札幌までにでも。

Translated from original article “Quade Cooper Isn’t Going Anywhere”, published September 7th, 2018, by Reina Delos Santos (Brisbanerugby staff translator)